New)屋外手すり(玄関アプローチ)

屋外手すり(玄関アプローチ)設置です。
開き戸で玄関アプローチのスペースが狭いと直線で手すりを設置した場合、
扉を引く時に体を引くとアプローチから落ちてしまいます。

手すりを斜めにすると、扉を引いた時に体を手すり側に逃がすことができます。



Before


After


ダスキン,ダスキンヘルスレント,和歌山,福祉用具,介護,レンタル,車いす,ベッド,住宅改修,手すり,屋外

屋外段差解消(コンクリート打設)

さて前回の長い手すり設置のお宅で同時に行った、段差解消(コンクリート打設)設置です。
距離が長くて、通路幅も狭い。
これって、歩行が不安定な方にはとても不便な状態です。



Before


通路から外れると砂利がありますが、分かれ目に段差があるので踏み外してしまうと転倒など大怪我の可能性が…。


After


分かれ目の段差が無くなったことで、通路が広くなりました。
もし、車いすでの移動になっても十分に通路幅が確保できます。

ダスキン,ダスキンヘルスレント,和歌山,福祉用具,介護,レンタル,車いす,ベッド,住宅改修,手すり,段差解消

屋外手すり設置

さて今回の住宅改修の手すり設置、基本的なものですが屋外の手摺設置です。
門から玄関までの長~い手摺。
ここまで長い手摺の設置はあまり経験がないのですが、かなりの長さです。



Before


玄関からみた門までの距離、かなり長いです。
歩行が不安定な方にとって、この距離は結構大変です。


After


これで、門まで安心して移動できます。
(ちなみに、地面はまだ改修途中です。)

浴室手すり設置(動画付き)

さて、住宅改修の手すり設置にはいろんな取り付け方があります。
今回は浴室でタイル地に手すりを設置。
ベーシックな施工ですが、一連の作業を動画でご覧ください。



Before


シャワーチェアなどからの立ち座りに捕まる所がなく、不安定な動作になっていました。



施工中


①取り付ける場所に穴を開けるためのマーキングをします。

②削り屑を散らさないように、養生します。

③ドリルで穴をあけます。

④ボンドを用いてビス止め用のプラグを打ち込みます。
(動画の容量の都合上、ボンド剤の注入のみです)

⑤ビスで手すりを固定します。



After


シャワーチェアなどからの立ち座りも安定して行えます。

傾斜のついた屋外の手すり設置

Before


傾斜のついた坂で掴まるところが無く、雨の日などは滑ってしまうこともありました。



施工中


①支柱を立てるのに穴を開け(場所によってはブロックを用いることもあります)、
②支柱を立て、モルタルで固定していきます。
③手すりとなる笠木用にバランスを調整



After


傾斜のついた坂も安全に移動できます。

和式水洗から洋式水洗トイレに…

Before


和式のトイレでしゃがんで排泄するには、膝に負担がかかってました。



施工中


①既設の和式水洗トイレ・水洗タンクを撤去、
②和式トイレ跡を埋め込み、平らにします。
③タイルを貼り、目地を埋め込み、目地をキレイに洗い出し、

④洋式トイレ用の排管トラップを設置します。



After


洋式トイレにすることで膝への負担が減り、トイレが行いやすくなりました。

掃き出し窓からの出入りを安全に…


Before


1段の段差があるものの、それぞれの段差が約30cmあるのでを昇り降りするのはとても大変でした。



施工中


①既存の石段を破砕し、
②破砕した石で土台を形成。
③ブロックが動かないようにするためのアンカーを打ち込み、
④ブロックを使って土台を形成していきます。



After


3段の段差を作って、手すりも設置。昇り降りが行いやすくなりました。

玄関へのアプローチを安全に移動

before

下肢筋力低下により、屋外での10センチ段差も足を上げるのが困難な状況。

脚があがりにくい。

 

after

屋外移動の際、ゆっくりではあるが、手すりを使って不安なく移動する事が可能になりました。

屋内の歩行移動を安全に、手すりの設置

before

つかまる所がない状態の部屋の外周状態。

                                                     after


歩行移動に便利なてすりがつきました。

スベリやすいコンクリート製の階段

Before

螺旋と急こう配の玄関前のアプローチ、水に濡れると簡単にすべりやすく、転倒原因となる現状。

After

簡単、シンプルな手すりを設置頂きました。濡れたコンクリートがまだすべりやすい状態ですが、手すりがある事により補助的な機能が追加されました。